レジェンド(KB1)の燃費

レジェンド(KB1)の燃費実際のところ

燃費とかを超えたところに魅力がある。

平成17年(2005年)のKB1に乗っています。距離はそれほど走らないですし、ほとんど都内の移動ですから燃費はメチャメチャ悪いです。
ネットで調べてみたら「そんなに走らないだろ!」っていうような数字ばかりですね。
実際、私の場合には、常にエアコンをつけていてリッターあたり6qを切るくらいです。
高速で移動距離が長ければ10qはいくと思われますが、街乗りでは7qはきつい感じですね。

 

燃費だけを観て、この車に乗ることをやめておく方も多いのかもしれませんが、10年たった今でもとても魅力的に感じるのは、走りに余裕がある点です。燃費なんて全く気にしない!なんていうと強がりに聞こえるかもしれませんが、実際にこの車で走ると乗り心地における満足度は、非常に高いです。日本車ではほかに味わえない走りの魅力が満載なんですね。

 

ただ乗り心地が良いだけでなく、しなやかにして繊細。ゴージャスでスポーティ。ジャガーのようなネコの足のようなサスペンションとドイツ車のような固さを両方持ち合わせている感じです。

写真がKB1ではないですね。ネット上の数字は、ちょっと良すぎる気がします。

みんカラ


この画像は、みんカラのレジェンドの燃費のページのコピーです。クリックするとみんカラのサイトへ行きます。

 

燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

 

こんな注意書きとともに書いてある2015年の新車DAA-KC2は、ハイブリッドなので比較にならないほど燃費は良いと思います。
JC08モードで16.8kmということですので街乗りでも10q位は楽勝かと思われます。
ただ、新車の価格は、680万円。乗り出し価格は、かなり高くて若い人でこの車に乗れる人は少ないでしょうね。そして、ファミリーカーというと最近ではワンボックスワゴンが人気です。1台しか車を持てないのが普通ですから、セダンを選択する方は限られてしまうのかもしれません。中古でも良いから一度試乗をしてみてほしい車です。
DAA-KC2
エンジンもサスペンションも走行距離が10万キロ以下のものを見つければ、KB1でもまだまだ現役で行けます。
是非とも燃費の悪さをこの車に乗らない理由にはして欲しくないものです。
中古車買取 地域情報

ホーム RSS購読